旅行・地域

2009年9月11日 (金)

八丈島・緑編

こんにちは。(あ)嬢です。今日も八丈島旅行日記です。

八丈島、海のイメージがとても強かったのですが、山もあり緑豊富な所で、こんなゆったりした風景もありました。

Photo

海の見渡せる山の上のほうに放牧されてました。

ここのミルクで作ったアイスクリームです。抹茶のようですが、この緑色は野菜「あしたば」なんですよ。

Photo_2

ミルクの甘みが濃厚で、そこへ野菜あしたばのの青い味、苦味などがまざり美味しかったです。

2009年9月 9日 (水)

八丈島・花日記

こんにちは、(あ)嬢です。

週末、私も八丈島へ行ってきました。当日、八丈島上空の天候が良くなく飛行機が30分遅れ、出発からドキドキしたのですが無事に到着。楽しい体験・美しい景色・美味しい食べ物堪能してきました。東京都亜熱帯区と観光PRしているように1年通して温暖な土地で、東京なのに南国でみるような花がたくさん咲いてました。

Photo

ハイビスカスは、赤、ピンク、黄色などあり道路沿道に植栽され南国ムード満点でした。

Photo_2

ブーゲンビリア、2mくらいの大きな木で豪華でした。

Photo_3

名物「あしたば」の花です。レースフラワーみたいで可愛いですよね。

これから、ストレイチア(極楽鳥花)の花が咲き、3月にはフリージア祭りあるそうです。

2009年7月10日 (金)

SF福島、オリジナル酒「夢うさぎ」。

こんにちは。担当(の)です。まだまだ続く、スローフード福島ネタ・・・だって話題に尽きない盛りだくさんな会だったので。

スローフード福島では、福島の気候風土から生まれた酒米「五百万石」の自然発生種に「人気雫(にんきしずく)」と名付け、田植えから日本酒の仕込み体験、初呑み会まで、日本酒をじっくり知って楽しむためのイベントを数多く主催しています。

Dsc02969

生まれたお酒の名前は「スローフード福島 純米大吟醸 人気一 夢うさぎ」(左から2番目)と「スローフード福島 本格米焼酎 人気一 夢うさぎ」(右から、水割り、蕎麦湯割り、ひとつ飛んで蕎麦湯氷ロック!)。この写真では非常にわかりづらいけどcoldsweats01

どちらもただいま好評絶賛発売中!ネットショップから購入できるので、ぜひどうぞ。

「スローフード福島 純米大吟醸 人気一 夢うさぎ」。香りが華やかで素晴らしい!

http://ninki.co.jp/scb/shop/shop.cgi?No=41

「スローフード福島 本格米焼酎 人気一 夢うさぎ」。しっかりコクがあるのに飲みやすい!

http://ninki.co.jp/scb/shop/shop.cgi?No=40&

Dsc02964

こちらはスローフード福島総会で講演のために駆け付けたスローフード宮崎・綾の濱田会長。「蕎麦湯氷ロック」を片手にご満悦happy01。南日本のラテンなノリがステキな方です。

グラスの中の丸いのが、気になる「蕎麦湯氷」。

Dsc02957_1 今回の蕎麦会席をご提供くださった「福島 峰亀」の斎藤社長考案です。蕎麦湯をこんなふうに丸い氷にするなんて、かなり大変だと思うけど・・・と思いお尋ねしたら、「だって、普通の氷が溶けたらせっかくのお酒が薄くなっちゃうでしょう?」と、何とも飲兵衛な御答えが!!

お茶目な斎藤社長のお蕎麦屋さんは「福島 峰亀」。

http://www.minekame.com/

さて、昨日の答え。

Dsc02967_2 「更科」Dsc02972_2

「藪」

2009年7月 9日 (木)

SF福島、更科と藪の食べ比べ。

こんにちは。担当(の)です。

スローフード福島の総会のあとは、お待ちかねの蕎麦会席!「夏打ちそば会席」と銘打って、一の膳、二の膳と全9品の豪華ラインナップ!とにかくすべてに何らかのカタチで蕎麦が使われているのです。

たとえばこのお通しは・・・

Dsc02958

「ウニと蕎麦豆腐、汲み上げ湯葉、蕎麦の実あんかけ」。蕎麦を葛で固めたのかな。ツルンとノド越しの良い蕎麦豆腐と、プチプチした蕎麦の実が楽しい一品。

焼き物は「アユ」。どこに蕎麦が?

Dsc02961

「アユ一夜干し、蕎麦おから射込み」。蕎麦のおからなんて初めてです!しっとり炊き上げられた蕎麦おからが、鮎のお腹にぎっしり詰まっていました。

今回の蕎麦会席、更科と藪の食べ比べという、なかなか通な趣向もあり、めちゃくちゃ盛り上がりました。

さて、どちらが「更科」でどちらが「藪」か、分かりますか?

Dsc02967

Dsc02972

答えは明日!

2009年7月 7日 (火)

SF福島、果物名人の木村さん。

Dsc02983 昨日に引き続き、スローフード福島紹介ですhappy01

個性的なメンバーが多い、スローフード福島。昨日のリーダーを筆頭に、日本ではまだめずらしい食用ホウズキを栽培する農家、ガラス職人、温泉旅館の経営者、200年続く酒蔵さんなどなど、福島を愛する熱い人たちがたくさんいます。

みなさんの生産現場を訪ねてみたかったけれど、1泊2日では時間もなく(泣。昨日の須藤さんと、あともうひとり、果物名人の木村さんの畑へお邪魔しました。ちょうどサクランボが終わり、いまはリンゴや桃が成長のまっさかり。鮮やかなみどり一色のリンゴ畑は、まるで夢の中のような美しさです。

Dsc02982

かわいい小さなリンゴの実。「ふじ」です。摘芽で新芽をとって、摘花でさらに花をとり、最後に摘果で実の数を減らし、栄養が収穫するリンゴに集中するようにします。収穫は台風や気温、日照量にも影響されるし、さらに木村さんは味を優先させるために、桃やりんごに袋をかけないのです!そのぶん、目を配ってようやく実るリンゴは、どれだけ美味しいことでしょうlovely

Dsc02963 笑顔の素敵な木村さん。

美味しいものを作る人は、いい顔してますよね。

2009年7月 6日 (月)

SF福島の素敵なリーダー。

Dsc02985 こんにちは。担当(の)です。今週末はスローフード福島の総会に飛び入り参加してきました。福島は東京に比べると湿気もなく、きれいに晴れ渡った青空の下、本当にさわやかな休日を過ごすことができました。

スローフード福島のリーダーは、こんなに若くて素敵な女性なんです。スローフードのリーダーは何気にオヤジ系が多いので、彼女のような人がリーダーを務めているのはめずらしいと思います。さらに彼女は生産者でもあり、無農薬で化学的な肥料をいっさい使わずに、約40種類ぐらいの野菜を作っています。写真の石窯は彼女自身が設計したそうです。薪をくべて、Pizzaやパンを焼くために…あ~、なんてステキな生活。

Dsc02987

これは畑にお邪魔した時にいただいたトマト(アイコ)ときゅうり! とくにトマトが美味しくてびっくり。。。甘酸っぱくて、瑞々しくて、ほんのり野生の青臭さも残って。

Dsc02989

ズッキーニもメキメキ成長中。

これらの素敵な野菜は宅配便で届けてくれます。ぜひお試しください!

http://www3.ocn.ne.jp/~youko/index.htm